簡単!すばやく!美容ジェルで目指せ元気肌!

美容ジェル研究レポート

今まで悩んでいた肌のこと、実は美容ジェルで解決できるんです。

HOME »  わたしのアンチエイジング »  肌老化の4大原因

肌老化の4大原因

なぜ肌は老化するのか?

肌の老化の原因は大きくわけて4つあります。

・ 光老化

・ 乾燥

・ 酸化

・ 菲薄化

光老化

肌に一番悪いと言われているのが「紫外線」です。

そして紫外線によって肌がダメージをうけていくことを「光老化」といいます。

紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。

しかも紫外線を長年浴び続けることで、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます

ですから、お尻や太ももなど、紫外線にさほど当たらない部分を娘と比べてみると、顔ほど変わりはないようです。

紫外線がどれだけ肌に影響を与えているかがわかりますね。

乾燥

20歳をピークに女性の肌は乾燥がちになってきます。

これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分、皮脂が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。

乾燥にさらさられると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じていきます。

この隙間を通して、表皮の水分が蒸発してゆくのです。

その結果、水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、小じわになっていきます。

酸化

金属や食べ物など、物質は長い間空気にさらされると酸化していきます。

これと同じように私たちの細胞も酸化し、ダメージを受けています。

その原因は、わたしたちの体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできた「活性酸素」。

活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させます。

皮膚が酸化していくと、真皮に含まれるコラーゲンを硬くし、表皮にはしわが現れます。

そしてさらに活性酸素を発生しやすくする環境があります。それは、乱れた生活習慣です。

脂質の多い食事や、添加物の多い食生活も活性酸素を発生しやすくする原因となるのです。

菲薄化

年齢とともに、肌の弾力の元である真皮のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなっていきます。

よって、年齢とともに肌が薄くなっていくわけです。これを、皮膚の菲薄化といいます。

そしてこれと深く関わっているのが、女性ホルモンです。

女性ホルモンは、真皮のコラーゲンの生成を促進し、紫外線の影響をうけにくくするものですが、20代~30代をピークにして、更年期を迎えると女性ホルモンの分泌はぐっと減り、コラーゲンの分泌量の低下や新陳代謝の低下を招きます。

それとともに皮脂を生成する速度も遅くなっていきます。

皮脂は、角質の潤いを保つものですので、それにより、肌はたるみ、しわができ、柔らかさが失われてしまうのです。
 

 

以上が、肌を老化させる4大原因です。

どれも、生きていくには仕方がないこと

しかし、紫外線を防いだり、生活を見直すことは、誰にでもできます。

まずはできることから、始めましょう

© 2009 美容ジェル研究レポート All Rights Reserved.