簡単!すばやく!美容ジェルで目指せ元気肌!

美容ジェル研究レポート

今まで悩んでいた肌のこと、実は美容ジェルで解決できるんです。

HOME »  美容ジェルで肌を元気に »  ジェルって?

ジェルって?

一番身近なジェル

ジェルとは、「ゼリー状の」という意味があり、弾力性のある「ゲル」よりも水分が多く柔軟性が高くてすぐにつぶれる状態をいいます。

ですので、肌になじみやすい低刺激な成分なスキンケアやメイク、美容には理想的な成分です。

でも実は、化粧品成分としても一般的になってきたのは1990年代頃からです。

なぜならジェルを化粧品の成分として活用する技術が発展していなかったから。

ジェルは化粧品としてまだまだ新しい成分なのです。

天然のジェルは、意外と身近なところにも多く、アロエやプリン、トコロテン、海藻などです。

身近な天然ジェルはそれだけではありません。それは私たちの体の細胞です。

肌の細胞も保湿機能にかかわる粘質などがジェル状です。

ですから、ジェルを化粧品に使うということは、細胞とほぼ同じ成分を使用しているということになります。


ジェルの役割

『美容ジェル』といっても、その使い方は様々。

髪に塗るためのジェルや、クレンジングのためのジェル、バストアップのためのジェルもあります。

これらに共通することは、潤いを与える、ということ。

ジェルとはそもそも液体などの水分をゼリー状に閉じ込めたもの。

その中にいろんな成分を導入することができます。

そして、水分を逃がさない保湿も、ジェルの役割なのです。

一般的に「保湿」というと、乳液やクリームを思い浮かべますが、油分が多いため、肌質が脂性の方には向いていません。

化粧水などで、たっぷりお肌に水分を与えた後に、ジェルでしっかりと水分を閉じ込めるのが一般的な使い方です。


ジェル1本でオッケー「オールインワン」

美容ジェルをたくさん見てきましたが、ほとんどのジェルが「オールインワン」のものでした。

オールインワンとは、読んでそのまま1つに全部入ってますってことです。

その「全部」というのは、そのものによって異なりますが、『化粧水・乳液・美容液』は、だいたい入っています。

そのほかにもクリームや化粧下地や、UVカットなど。

様々な要素がこのオールインワンには含まれているのです。

私が子育てのときにほぼジェル1本で済ませていたのは、オールインワンだったから。

化粧水をつけてから美容液をつけようとしたとき、娘の夜泣きが始まったらスキンケアはおあずけになってしまいますからね。

化粧水(3分)、美容液(3分)、乳液(3分)、クリーム(3分)の計12分の時間を、オールインワンジェルだけで、3分にできたら、子育てのときに限らず、忙しい朝にはとても助かります。

ママさんの集まりが頻繁にあったころは、よく美容ジェルの情報を交換し合っていました。

1kg入りのものを買い、髪や体、赤ちゃんの肌など、ありとあらゆる箇所に使っている、というママさんもいましたよ

© 2009 美容ジェル研究レポート All Rights Reserved.