簡単!すばやく!美容ジェルで目指せ元気肌!

美容ジェル研究レポート

今まで悩んでいた肌のこと、実は美容ジェルで解決できるんです。

HOME »  実は知らない肌のこと »  皮膚の構造

皮膚の構造

表皮・真皮・皮下組織

皮膚のメカニズムを知る皮膚は、大きく分けて、外側から表皮、真皮、皮下組織の3つに分けられます。

普通のスキンケアで効果が得られるのは、表皮から、よくても真皮までのとても浅い部分だけです。しかも大部分は角層レベルまでです。

  • <表皮>

厚さ‥約0.1~0.3mm。表皮細胞(ケラチノサイト)、メラニンを作る色素細胞(メラノサイト)、アレルギーに関係するランゲルハンス細胞の3つの細胞がぎっしり詰まっている。

  • <真皮>

厚さ‥約2~3mm。表皮の約10倍の厚み。コラーゲン(鉄骨のように組織の形を保つ線維)と、エラスチン(ゴムのように弾性を与える線維)とでできている。その隙間を水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸などのムコ多糖類が埋めて、肌の張りや弾力を与えている。

  • <皮下組織>

皮下脂肪などを含む。体を守るクッションや体温を維持する役目を果たす。

私たちを覆う「角層」と「皮脂膜」

角層とは、死んだ表皮細胞が15~20層に重なったものです。

ほぼ2週間で「垢」としてはがれ落ちます。このサイクルがうまくいかないと美しい肌を維持していることができません。

角層はラップ一枚ほどの厚さで、細菌やウイルス、アレルギーを起こすアレルゲンなど外界の敵から身を守るバリアとなります。また、体内の水分を調節する働きを持っているため、角層に含まれている水分量で、皮膚のなめらかさが決まります。

そしてもう一つ、私たちを守っているのが皮脂膜です。

皮脂膜は、毛孔にある皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混じり合ったクリーム状のもので、角層のバリア機能を助けています。ですから毛のない手のひらや足の裏には皮脂腺がないため、カサカサになりやすいのです。

皮脂の量はホルモンに大きく影響されます。
思春期から20歳にかけてがピークです。ニキビができやすいのもそのためです。

一方、子供やお年寄りは皮脂量が少ないので、乾燥しがちになります。

ターンオーバーについて

身体の細胞は神経細胞をのぞき、一定のサイクルで新しい細胞に生まれ変わっています。

皮膚の細胞も同じく生まれ変わります。
これがターンオーバーです。

細胞は13日に1度、2個に細胞分裂します。分裂は、表皮の一番下にある「基底層」から始まります。1個はそのまま基底細胞としてとどまりますが、もう1個はすぐ上の有棘[ゆうきょく]層、顆粒層へと押し上げられていきます。ここまでで約14日間かかります。

一番上の角層に達した細胞は核のない「角化」の状態になっています。

そして、さらに上へ上へと押し上げられ約14日後には一番外側から垢となってはがれ落ちます。

ですから、ターンオーバーは、基本的には、28日の周期で行われています。

メラニン色素もターンオーバーによって脱落するので、夏に日焼けしても、冬には戻っているのです。

ターンオーバーは周期が早くても遅くてもよくなく、サイクルの乱れによって肌の様々なトラブルを引き起こします。たとえば紫外線は周期を早めてメラニンの沈着を促しますし、また年齢を重ねると周期が長くなりシミなどの原因となります。化粧落としがよくできていないと、角質層が厚くなり、肌のキメが粗くなるなどのトラブルになります。

美容ジェルを使う前に皮膚の構造について、しっかりとした正しい基礎知識を知っておく事が大切です。

皮膚の生まれ変わり!ターンオーバーを助けるイチオシの美容ジェル

© 2009 美容ジェル研究レポート All Rights Reserved.